災害にあたって準備が必要。ある程度のストックが必要

姉さん、西日本の人で、あまり災害慣れしません。気候も夏涼しくて冬温暖な、のほほん気候よ?

2018年6月末から7月頭の豪雨で、我が家は停電・断水・浸水いずれもありませんでした。オール電化なのでガスのことは知らないけど、多分ここらはプロパンだから関係ない。

洪水による断水は覚悟してたけど、ギリギリで川も氾濫しなかった。

ピンポイントでは被災していないけど、市内では停電したところもあったので、(程度も優先順位は低いけど、)大雑把に言えば被災地域でした。

物流もぶった切られたけど、別ルートがあったようで、スーパーの棚がガラガラということもなかったのは幸いでした。

現実には被害はなかったのだけど、今回は寄付・募金は控えて、備蓄の見直しにしようかと。

ある程度ストック(=遊び)を持つことの必要性

ミニマリストには憧れるけど、私には無理だなと思ってた。

今回「シンプルに」とは思うけど、ある程度のストックは必要だとつくづく思いました。

服を減らしすぎて、下着までストックが。

実は服も減らしすぎて停電&雨だったら「え?この寒いのに半袖?」みたいなことになるところでした。(今年はすごく寒くてまだ長袖着てるのよ、7月なのに。)乾燥機を新しく買ったので、減らせる♪

ということで、躊躇なく捨てて、買わなかった。今年の目標として、「下着と防寒その他で必要な服以外は買わない」を掲げていたのですが、乾燥機があるからいいやって。下着も3セットしかなかった。

減らしまくったおかげで衣替えいらずなもので、「着るもの」はなんとかなった。最悪の場合は少々暑くてもヒートテックでも着てればいい(そこまで暖かいものじゃないから)んですが、 下着が悲しいことになりかねないことは考えてなかった。せめて下着は一週間分くらいはあったほうがいい

夏のバーゲンでは下着を買いまくるぜ。(バーゲンで1セットだけ買うつもりが、5セットは買わねばならぬ。サイズがサイズなんで、高いんだよ)

断捨離のしすぎにはまじ注意!

ある程度のストック=遊びって必要よね。

スマホは生命線

ほんまに、スマホは生命線です。

じゃあ、どうするかってね。私はmineoを使っていて、満足してるんですけど、1GBなんですよ。普段ならこれで十分。
Wi-Fiあるし。

日本でも使えるタイのローミングSIMが使えるから、8日間4GB流せるしそれでいいやって思った。

が。

ローミングって、優先順位が低そうな・・・。

2GBにするか、もう一つ契約するか考えねば。

被災したときに、被災しているからこそエンターテイメントも必要だと思うの。

ポータブルバッテリー

Ankerの10050mAhのポータブルを持ってるので、それでいいんですけどね。

20100mAhを非常用の据え置きに買っておこうかとも思った。

もう一つ気になってるのは、ソーラーバッテリーよ。雨なら充電できないのはわかるんだけど、台風のときに送電網を破壊されて停電することがないわけじゃない。その場合は次に太陽がくるから。

問題は何に充電するかでさ、バッテリーの類は暑いところにおいておくと、下手すると爆発します。どういう風に使えば安全なのかよくわからなくて二の足を踏んでいるところ。

食料備蓄

賞味期限がくるんで、食べながらストックするのがいいんだとつくづく思った。賞味期限切れのアルファ化米がまだあるよ。(日常で食べると、すごく悲しい気持ちになるけど、旅行中なら平気)

いろんな味があると飽きないよ。

我が家はオール電化なので、ポータブルコンロは必須です。

ミネラルウォーターの買い置きも必須。これは、お出かけするときにクリスタルガイザーの安いやつをAmazonや楽天で買ってる。(これを持ってお散歩するというわけだ。家の近くには自動販売機すらないし、近くのコンビニまで徒歩20分だから、持って歩かないと下手したら死ぬ。メルカリ出しに歩くのが大変良い運動になっているのがわかっていただけると思う)

クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]

クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]

450円(02/18 21:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

大ボトルも必要だ。

[2CS] サントリー 天然水 奥大山 (2L×6本)×2箱

[2CS] サントリー 天然水 奥大山 (2L×6本)×2箱

1,700円(02/18 21:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

トイレ

トイレは考えたことがなかった。

こういうのを買っておきましょうかね。

そもそも住む場所を考えよう

瀬戸内海沿岸はそもそも災害が少ない地域です。なので、地震の多い関東を避けて、というのは大いにありうる話。気候も温暖(=雪はほとんど積もらないし、夏は35度越すことは少ない)だし、山間部まで含めれば無医村地帯はありますが、断続的にポツポツポツポツと連なる都市部()なら、医者に困ることもない。

ただねー、広島の市街地郊外に顕著ですが、無茶苦茶な住宅地の造成をしているところは少なくない。うちの近辺だって、明らかな「水の通り道」、つまり丘の中腹にため池があって、そこから下の田んぼに水を流してたところね、その田んぼを埋めて小さい住宅地にして買って家を建ててる人たちがいるんだもの。

丘の上の大規模住宅地(ため池から水が流れて来ない・近くに山がないから崩れて来ない)に空き家がたくさんあるんだけどなあ。

もう一つ、過疎地ね。物流が寸断されやすい。それはもうどうしようもないことだし。

選択できる立場ならば、せめて「田んぼを埋め立てたところにわざわざ家を建てない」くらいのことは考えてもいいと思う。